結婚式でどんなネクタイをつけていきますか?

ネクタイ一つでワンランク上のブライダルコーデに。

まだまだ寒い季節は続きますが、春の訪れとともにブライダルシーズンの到来でもあります。

今回はそんなブライダルシーンでゲストに呼ばれた際に、周りと差を付ける特別なアイテムをご紹介したいと思います!

プラチナ・ラメレジメンタルタイ

ラメ糸使いのネックウェアは、ウェディング・パーティーをはじめとしたお祝いのシーンで、近年とても人気があります。

角度によって反射する光がパーティー感をアップ。顔の周りにもう一段の華やかさを演出して、顔色を輝かせてくれるからでしょうか。

ラメには大きく分けてポリエステルラメとナイロンラメがあって、ナイロンは繊維が極細なため、控えめで「渋い」光沢感が特徴。ポリエステルラメは繊維が平たく、キラキラ感がより強く出せます。

このネクタイには、更にグレードアップしたプラチナラメ糸を使っています。光を反射する白さのランクが明らかに違います。プラチナといっても、糸に蒸着させているので、重さにしたらほとんど検出できないぐらい軽いです。


プラチナといえば、日本の婚約指輪や結婚指輪で最も使われるのがプラチナだとか。ひとつには、純粋さを表す白い輝きが人気なのと、経年変化が極めて少ないので変わらぬ愛と永遠の誓いを表すともいわれています。また、プラチナはゴールドに比べて産出量が圧倒的に少なく、希少価値が高いです。それもそのはず、産出国は南アフリカなどのごく限られた地域で1トンの鉱石から3gしかとれないうえ、精製に手間とコストがかかるから高いのだそうです。


このネクタイのプラチナ含有量は少量ですが、プラチナの輝きを胸元に大切な人の門出をお祝いしてみてはいかがでしょう。人を祝福すると、自分の人生にも陽があたるような気がしませんか?

KINDWARE Online Tailor ブログ

KINDWAREオフィシャルウェブショップの公式ブログです。開発の商品へのこだわりや、商品の魅力、スタッフの徒然話なども掲載してまいりますので、是非ご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000